>  > 良い匂いのおかげで興奮したかな

良い匂いのおかげで興奮したかな

香水なのかシャンプーなのか、それとも他の何かなのかまでは分かりませんがとにかく良い匂いをしている風俗嬢でした。彼女が言うにはシャンプーってことなんですけど相当良い匂いでしたね。そのおかげでか、自分の気持も盛り上がりました。ある意味媚薬のようなものですよね。匂いのおかげで興奮する…。それまで風俗で匂いを意識したことなんてありませんでした。むしろ自分が変な匂いを発していないよなってことで不安になるケースはありましたけど自分の匂いじゃなく女の子に匂いで「いいな」って思ったのは初めて。だからこそ自分でも分からない未知の快感だったのかなって思っています。そしてそれこそがその日の勝因ですかね。匂いってあまり意識したことありませんでしたけど、案外印象に残るんですよね。何となく匂いのおかげで自分自身、自分自身の限界を超えることが出来たんじゃないかなって思いますしね。そんなことを感じた一日となりましたね(笑)

おばちゃんのような美女

ちょっと言葉はきついかもしれませんが、おばちゃんのような美人風俗嬢と楽しんできました。それはキャラがおばちゃんのようってことですね。外見だけであれば相当なレベルにあるんです。ハイレベルと呼ぶに相応しいものだと思うんですけど、ただ図々しというか馴れ馴れしいというか(笑)でもそれが彼女にとっての魅力だとも思うので、自分としてはとても楽しい時間を楽しめたのかなって思っています(笑)ああいったキャラクターは年齢と共に自然と出てくるようになると思うんですよ。男女を問わず、年齢と共に図々しさが出てくるので若い時には言えないようなことも言えるようになってくるものですけど、彼女は若くて美人なのにキャラはおばちゃんなんです。でも風俗嬢としてはある意味正解なのかもしれません。なぜならそれだけ図々しいとこちらとしても緊張する必要もなくなりますし、一緒に居るってだけで嬉しい気持ちになれるのもあって、あれはあれでありかなと。

[ 2016-09-07 ]

カテゴリ: 風俗体験談